英会話学校へ通う|英語で会話ができる環境

誰でも受けることができる

先生と生徒

日本語を学ぶ

日本は世界から注目されている国の1つです。アニメやファッションなど独自の文化に興味を持つ外国人もいれば、侍や忍者など日本文化の虜になる外国人もいます。実際に外国では定期的に日本のアニメや文化を発信するイベントが盛んに行われていますし、それがキッカケとなり日本語の勉強を始める人が増えています。そのため、日本語教師は多くの場所で必要とされているのです。

日本語教師を目指す

特別な資格がなくても日本語教師になることはできますが、知識や技術が求められるので、スキルを証明するために「日本語教育能力検定」を取得する必要があります。実際、日本語教育能力検定を取得していることが応募の条件になることがありますし、日本語教師を目指している人にはメリットのある資格と言えるでしょう。

合格するためには

日本語教育能力検定の試験は年1回実施されており、公益財団法人日本国際教育支援協会が主催しています。年齢や学歴に関わらず受けることができるので、誰でも挑戦できる試験となっています。ですが、合格率は決して高くはないので、日本語をしっかり理解している必要がありますし、合格に向けて勉強する必要も出てきます。日本語教育能力検定の勉強を独学で行なう人もいますが、最近は専門スクールで学ぶ人が増えています。専門スクールでは日本語に必要な知識を身に付けることができますし、過去の出題問題を集中的に勉強して試験対策をすることができます。